妊婦 食事

妊婦さんが食事の内容に気を使うようになる姿は、母性愛を感じるとても尊い姿ですよね。妊婦さんとその赤ちゃんは、社会全体が守ってあげなくてはいけないものです。その意味で、妊婦さんが食事の際に気をつけてほしいことをいくつか整理して紹介しようと思います。

妊婦 食事 献立

妊婦さんの食事の献立はなやみどころですが、献立を片っ端から紹介するよりも、妊婦さんの食事を考える上で共通するポイントをお伝えしたいと思います。

一番の原理原則は、何かの成分や栄養素を「特別増やそうと思わない方がいい」ということ。

たとえば妊婦になると増えがちなのはカロリーです。カロリーは必要ですが、取り過ぎは当然よくありません。
しかし少なすぎるも問題で、たとえばお腹の赤ちゃんが大きくなってから生活習慣病にかかる割合が増える、との研究報告もあります。

「とらないのがいい」「とりまくるのがいい」のどちらもダメなんですね。

また、塩分は実はちょっと多めに取ろうと心がけるだけで実はすでに摂り過ぎになってしまいがちです。
これは、和食であれば味噌や醤油などにもともと多めに含まれているためです。

逆に、意図的に多く摂るようにした方がいいモノもあります。
たとえば、妊婦さんであれば鉄分や葉酸などがそれです。

多いとか少ないとかいうのは目安で、たとえば一日あたりの摂取量がたまたま多かったからといって直ちに問題がでるわけではなく、数日の単位で見た全体のバランスが重要です。

赤ちゃんの発育に影響するのは食事ばかりではなく、妊婦さんの精神的な部分も大きく影響します。食事は楽しく。でも考慮はする。神経質になり過ぎない。そのぐらいのバランスではいかがでしょうか。

妊婦 食事 つわり

妊婦さんが食事の際に気になるもう一つがつわり。

つわりは妊婦につきものですが、個人差が大変大きい。
程度の軽い重いだけでなく、気持ち悪いだけ、だるいだけ、あるいは戻してしまうなど、症状も個人差が大きいです。

つわりが重い妊婦さんの場合だと食事自体が億劫になりがちですが、赤ちゃんのためにも自分のためにも、食事をしないわけには行きません。そこで、個人差があるのは承知のうえで、つわり中でも比較的人気が高い食べ物を調べてみましたのでご参考下さい。

まず、トマトです。理由は、冷たくても単品で、そのままで食べれる(=手間がいらない)。しかも酸味がある。一年中安い。つまり、つわりの時に妊婦さんに好かれる条件が揃っているわけです。

実際、妊婦さんの1割以上が好ましいと手を挙げるダントツな人気です。
つわり中の食べ物としてはパーフェクトかも。

お食事の際は是非試してみてください。

2番手は果物類。

中でもスイカ、りんご、梨、桃、イチゴは特に妊婦人気高いです。

ただ、りんご以外は値段が時期によって変動しますし、季節によって高騰したりもしますので考慮が必要です。

3番めはお寿司、おにぎり、お茶漬けの類です。
これらの共通点はわかりますか?

それは、ごはん特有のニオイがしない、という点です。

実は、つわりの間は、食事の際にご飯が炊ける匂いがダメ、という妊婦さんは結構います。
でもこの3つは、ご飯特有のニオイがしなくなる代表的食べ方なのです。

お寿司は酢飯ですから言わずもがな。
次に、おにぎりは冷やしても食べられる、ということは、温かい時ほどご飯の匂いが目立たないわけです。
また、お茶漬けは当然ながら具の匂いでごまかせます。

日本人の体にとって一番エネルギーになりやすいのはやっぱりご飯。
妊婦さんが抵抗なくご飯を食べられる工夫には価値があります。

妊婦 食事 ヘルシー

妊婦さんになると、食事にヘルシーな内容を自然に求めたくなりますよね。

とは言え、「ヘルシー」という言葉はあいまいで、食事の指針としては具体性に乏しい。
そこで、「どういうのが妊婦さんにとってヘルシーな食事のか」を考えてみたいと思います。

まず、昔から言われ続けていて、今も妥当と思えること。
それは、「極端を避ける」。
つまり、「○○がいい」、と聞くとそればかり食べる、逆に「○○は減らしたほうが」と聞くと毛嫌いする。
この極端を避けて食事をしましょう。

次に、あまり頭で考え過ぎない、情報を求めすぎて混乱してしまわない。
「案ずるより産むが安し」のことわざもあります。

また、特に食事の量については、体のサインを信じましょう。

そのためには、体からのサインの時間差を考慮する必要があります。
具体的には、急いで食べないように心がけて下さい。

多めにゆったり時間をかけて、よく噛んで食事すれば、体の方から「これで十分」とサインを出してくれます。
ところが、急いで食べてしまうとサインを出す前にすでに食べ過ぎになってしまったりするのです。

現代人は何かと忙しいし、まじめな人ほど、食事もさっと済ませがちですが、
妊婦さんになったら、どうか赤ちゃんと自分の体のことを第一に考えて下さい。

それと、妊婦さんには、食事の内容(食べ物の食べ合わせ)や量と合わせてもう一つ考慮してほしいなと思うことがあります。
それは、食品添加物や農薬などの食事に含まれがちな化学物質のことです。

なぜかと言うと、これらの化学物質は食事とともに体に入り、妊婦さんの体に蓄積されますが、実は妊娠によって赤ちゃんの体にも引き継がれてしまい、赤ちゃんの体で化学物質過敏症や、それに起因するアレルギー症状が発生する確率を高めてしまうのです。

こうした化学物質は口に入れないのが理想ですが、現代の消費と流通の仕組みの中では、保存料や防腐剤、殺菌剤などはなくてはならない存在で、これらをなくしてしまったら食べたい時に食べられなかったり、値段が高くなったりして食事そのものが困難になってしまうのも事実です。ですから、口に入れないというのは現実問題としては難しいのです。

でも、その代わり、食べた後に上手に化学物質だけ取り出す方法があるとしたら?

それは、活性炭を使ったサプリメント、キッズカーボンを食べること。

医療分野で300以上の特許を持つ青柳重郎博士が、現代人の食事を心配して考案し、活性炭の欠点を克服して開発しました。
体内に蓄積した化学物質や最近が産生する毒素・毒物だけを吸着して体外に持ちだしてくれます。
いわば、食べないのが難しいなら、食べてから取り除きましょう、という新発想のサプリメントです。

食事だけではなく、体に触れる様々なものから化学物質が体に入り込みやすい状況あるのが現代社会。
その意味では、積極的に外に排出しようとするぐらいでちょうどいいのです。

妊婦さんも、赤ちゃんも社会の宝です。
だからこそ、妊婦さんの食事のお供に、毎食一粒お試し下さい。

キッズカーボン【放射能検査済】食べる活性炭キッズカーボン【定期購入ならお得】【送料無料】

特選おすすめ

季節に合わせた特選おすすめのサプリです。

  • マカ
  • 精力剤
  • プエラリア
  • プラセンタ
  • コラーゲン
  • DHA
マカ / 精力剤 / プエラリア / プラセンタ / コラーゲン / DHA
ページトップへ